美人の湯

日本全国に「美人の湯」という名前をつけている温泉とか施設っていっぱいあるよね。

ちょっと検索してみただけで

・美人の湯 亀沢温泉センター
・天然温泉 美人の湯しろとり
・日帰り温泉≪美人の湯≫かかみがはら
・美人湯 祥風苑
・兵庫県生野町・黒川温泉 美人の湯
・天然温泉 美人の湯かかみがはら(岐阜県各務原市)
・[日帰り温泉]ひかわ美人の湯(斐川フレッシュパーク 出雲いりすの丘 内)

なんていうのがヒットするくらいで、ありとあらゆるところに「美人の湯」っていうのが存在することがわかる。

これってようするに美肌になれるっていうことだと思うんだけど、じつは

・日本三大美人の湯

っていうのがあって、それにあやかりたいってことで名づけてるパターンなんじゃないかと推測するんだけど、どうだろ?

・佐賀県嬉野市 嬉野温泉
・島根県仁多郡奥出雲町 斐乃上温泉
・栃木県さくら市 喜連川温泉

これが日本三大美人の湯、美肌の湯って言われてるんだけど、泉質はナトリウム炭酸水素塩とアルカリ性単純温泉ってことなんだよね。

どっちがどうよくて、なにが美肌になる理由なのかわからないけど、聞いたことがあるのは

・アルカリ性のほうが角質をとかしてくれるので、汚肌がスベスベになる

っていうこと。

「肌の綺麗は七難隠す」っていうから、スベスベでツルツルの肌は美人の条件の一つだと思う。美肌ってそれに清潔感があるもんね。

女性は清潔感がないのは致命的だと思うから、やっぱり美肌は外せない条件だと思う。

佐々木希ちゃんとか、この世のものとはおもえないくらい可愛いのって、やっぱり白くてスベスベの肌だからだと思うのね。

秋田美人ってよく言ったもので、東北地方の人は本当にきれいな肌の女性が多い。寒い地方はきめ細やかな肌になりやすいんだろうね。毛穴がキュっとしまるからかな。

東北生まれじゃない私は、せっせと美人の湯にかよって、がんばって美肌になろうと思う。

この記事へのコメント