美人 条件

よく考えるのは

「美人の条件って何?」

っていうこと。

外見でいうと、スタイル・目・鼻・あご・身長とかそういう部分だと思うんだけど、そこに人それぞれの好みが加わってくるわけだから、100人が100人とも

「この人は美人です」

なんていう人は限られてくると思うんだよね。

それに、顔はキレイだけどスタイルがよくないとか、逆に顔はイマイチだけどスタイルは凄まじくいいとか、そういう場合は「美人」っていう範囲にはいるのかどうかも人それぞれの判断だと思うのね。

さらにもっと深く考えていくと、美人の条件って時代とともに変化するんだよね。

江戸時代の美人は下膨れのおかめ顔って言われてるし、それを現代にあてはめると全然美人じゃないでしょう?

まぁ、当時の写真があるわけじゃないから、おかめ顔が美人かどうかはわからないけど、少なくとも浮世絵とかで美人女優の絵をみると

・細い目
・しもぶくれ

っていうのは定番になってるからね。

ただ、大正時代とか昭和のはじめとかの白黒写真をみると、今でも絶対に美人って言われるくらい美しい貴婦人がうつってたりするんだよね。

当時はこのひとたちのことを美人って呼んだからこそ、こうやって写真に残ってるはずで、そう考えるといつくらいから美人の条件が変化しはじめたんだろう?

鎖国があけてからかな、やっぱり。

ということは長崎とか外国に開かれていた土地では、美人の条件も一般とは違ってた可能性もあるよね。

文化人類学の先生とか、そういう研究してる人はいないのかな?

そして、吉永小百合さんはどの時代でも美人って言われるのか、そういう検証もしてみたい。

タイムマシーン、やっぱりほしいな~。

そうそう、日本だけじゃなくて世界でもこういう変遷っていうのはあったのかしら?

クレオパトラ、楊貴妃、小野小町・・・それぞれの時代の美人は今も通用するのかどうか、それも知りたいね。

美人というのは時代とともに変わっていくものだと思うけど、絶対に不変なものはひとつだけあると思うのね。

それが「美肌」っていうこと。

どの時代でも美しい肌の女性は美人の条件に合っただろし、カサカサよりもウルつやが美しいと思う感覚は、変わらないと思う。

乾燥と乾燥肌と湿疹は避けたい。

それが美人のベーシックな条件であり、今後もずっと変わらないものだと思う。

肌の白さと合わせて美しい肌が定番であることに間違いないよね。

この記事へのコメント