家電好きの女子

男勝りとはちょっと違うんだけど、リケジョの陰に隠れて、家電女子っていうものいるんだよ。 その名の通り、家電が好きな女の子のこと。 ヤマダ電機、ビッグカメラ、ラビィ、ケーズデンキ・・・まぁ、とにかく家電量販店めぐりが好きだったり、価格ドットコムでいろんな家電の値段をチェックしたり。 もちろん、家電メーカーのウェブサイトは逐一チェックしてる。 男性でも「家電芸人」「家電俳優」なんていう人たちがいるわけで、女性にいないのはおかしいでしょ? 美容家電なんていうジャンルもあるんだから、そこから家電の世界に足を踏み入れる女の人がいるのも当然の流だと思う。 実際に使ってみてよかったアイテムをレビューしてるブログなんかもあるし、ちゃんとデメリットも教えてくれるから、自分が購入するときの参考になるよね。 女子家電 人気 そういうレビューをチェックしてから、メーカーのカタログを確認して、疑問に思ったことはメーカーの相談室に電話したりもするよ。 そうやって、家電に詳しくなると、友達からの相談も増えていくもの。 中には「カデンちゃん」って、ハーフみたいな名前で呼ぶ友達もいるし。 「今度、電子レンジを買おうと思うんだけど、どこのがいいかな?」 「バルミューダのトースターって、本当にそんなにいいものなの?」 「乾燥機付き洗濯機って、便利かな?」 などなど、家電量販店のサービスカウンターかっていうくらい、いろんな相談が舞い込んでくる。 そ…

続きを読む

京美人

東男に京女といわれるくらいで、京都の女性は美人に例えられてるよね。 はんなりして、おっとりして、柔らかい京都弁で話す姿は、「ああ、可愛らしい」って思ってしまう。 同性でもそう思うんだから、男性はなおのこと。 「何してはるん?」とか言いながら上目遣いに見られたら、そりゃあイチコロでしょうね。笑 でも、京都の人は、裏表が激しいとも申します。 「ぶぶ漬け出しましょか」という言葉もそうですし、ほいきを逆にたてかけてたりも。 にこやかに接しながらも、お腹の中では何をかんがえてるのがわからないっていう怖さがあるっていうね。 日本の歴史の中で、激動の時代を通り過ぎてきた京都人は、そういう方法を身に着けないと行きていけなかったも?とおもえば納得できるかな。 なかには、本気でえぐいひともいるけど、それでも歴史ある神社仏閣とか京料理とか紅葉とかがあるだけで、許せちゃうよね。 京都 紅葉 観光名所だけあって、見どころが沢山あるのも楽しめて最高。 実は、なんだかんだ言いながら、年に3~4回は京都に遊びに行くんだよね。新幹線ですぐだし。 それに、京都旅行から帰ってきたら、しばらくは京都弁になってしまうから、どれだけ内緒にしてても、 「京都行ってきたでしょ?は、おみやげは?」 って聞かれちゃう。 京美人になれるとしたら、まぁなりたいことはなりたいし、京都に住んでみたいとは思うけど、夏は暑くて冬は寒いのはつらいな~。

続きを読む